Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

咬筋 こうきん

masseter(マサタ)

咬筋

顎関節の運動である咀嚼に関係する筋肉で

お顔の筋肉では一番厚い筋肉です。

付着部***頬骨弓(きょうこつきゅう)・下顎骨

作用***下顎が引き上げられ口を閉じる。

咀嚼運動を行う。

閉口筋(へいこうきん)とも呼ばれます。

下顎が大きくないのにエラが張っている人は、食いしばりや歯ぎしりなどで

咬筋のコリや張りが原因の場合もあるそうです。

唇は閉じていても上下の歯には指1本分くらいのすき間があるのが好ましいので、

何かに集中している時や、睡眠時などに無意識に奥歯を噛みしめている人は

咬筋が常に緊張している状態です。

そんな方はフェイシャルマッサージで咬筋を緩めてあげると、

ぽわ~~ンとお口が開いてきます(笑)

 

 

 

 

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.