Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

私が『筋膜』というものに興味を持ったきっかけは、1年半前に通い始めた

エフェクティブタッチ(アロマトリートメントスクール)でのこと。

エフェクティブタッチは施術者のトリートメント時の正しい姿勢、

ボディリーディング(お客様のカラダの評価)、

実践的な解剖学をしっかり学び、エフルラージュだけで結果を出せる施術です。

筋肉の名前と付着部は知っていても、実際に人のカラダを触ってその事を(筋肉と付着部)

を理解して(外さずに通る)トリートメントするのは簡単なことではありません。

その鍛錬を何度も行い、指導してくれるスクールに魅力を感じ

いつか絶対通いたいと思っていました!

 

実際スクールの見学に行った時は、解剖学、結果、云々よりも

優雅で気持良さそうにトリートメントをしているオザティさんの姿を見て、

「なにこれ~!」「すごい!」「このトリートメントはかなり気持ち良いはず!」

「私も絶対この施術が出来るようになりたい!」と衝撃を受けました♪

 

そしてスクールに通い始めて、座学でメソッドを学ぶ時に「筋膜リリース」という

ワードに惹かれ、筋膜の役割も知りました。

そこから私の『筋膜』探求がスタートしました(笑)

感覚的になんか筋膜ってすごいな~って思ったのですが、

筋膜に関しての知識も情報もほぼ無いので、なんせイメージができない・・・

ネットで検索したり、書籍を見たり、友人と勉強しながら、筋膜について掘り下げていくと

ますます『筋膜』の魅力に引き込まれました♪

第二の骨格と言われているだけあって、ものすごい重要な役割を担っている。

浅いところ、深いところにも縦横に張りめぐっている結合組織で、血管、リンパ、痛み、etc…

カラダの仕組みの沢山の事に関連している。

筋膜の不調を整えれば、カラダの不調も軽減されるな~

むしろカラダの不調の原因が筋膜の拘縮やゆがみから来ている事も多いんだな~と感じました。

 

アロマセラピストを職業にしてから、諸先輩やコンサル業の方などから、

「あなたの強みは?」「あなたの売りは?」「誰に向けてどんなセラピーをしてるの?」

と言うような事を聞かれる機会が何度もありました。

1年半前の私は、その問いには全く答えられない状態でした。

アロマ、リフレ、スポーツアロマ、など自分が持っているスキルの中で

「これ!」と言った軸が決められなかったのです。

 

1年前、エフェクティブタッチのボディクラスを卒業した時、やっと自分の軸が決められたような気がして、

自分の肩書を「筋・筋膜調整」アロマセラピスト にしました^^

一般の方にはまだ筋膜という言葉が浸透していないかもしれませんが、

何をしている人ですか?と聞かれたら

アロマトリートメントで筋・筋膜を整え、不調になりにくいカラダ作りのサポートしています。

とすぐに答えられるようになりました^^

 

診断や治療をしなくても、良くなるカラダの不調はたくさんあります。

(不調の原因は自ら作り出してしまっていることもあるので・・・)

そのことを皆さん(お客様)にお伝えして、自身のカラダに関心や意識を持って頂き、

たくさんの方が健康で楽しく過ごせる世の中になったら良いな~~ と思っています。

 

奥深~い 筋膜探求はまだまだ続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.