Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

セントジョーンズワート

セントジョーンズワート

*学名・・・Hypericum perforatum

*和名・・・西洋オトギリソウ

*科名・・・オトギリソウ科

*種類・・・草本、一年草

*開花時期・・・春~夏

*ハーブでの使用部位・・・花、葉、茎

*主要成分・・・ジアンスロン類、フラボノイド配糖体、ハイパーフォリン、タンニン、精油、樹脂

Pセントジョーンズ

*作用・・・抗うつ、鎮静、鎮痛、消炎、収斂、利尿、去痰、

*香り、味・・・すっきりとして飲みやすい

*注意点・・・薬との併用は医師との相談が必要。長期の大量摂取に注意。

妊娠中、授乳中は使用を避ける。

*特徴・・・古代からうつ病や不眠の治療などに使われたり、傷の手当、月経痛の緩和などにも使われていました。

脳内のセロトニン濃度を高めたり、メラトニンホルモンの分泌を高める効果もあります。

欧米などでは「サンシャインサプリ」とも呼ばれています。

更年期、生理時のうつに対しても優れた効果があると言われています。

 

*参考ブレンド*

婦人科系=セントジョーンズワート・カレンデュララ・カモミールジャーマン・エルダーフラワー・ローズヒップ

スッキリデトックス=セントジョーンズワート・ローズマリー・ダンディライオン・スペアミント

美肌&女性ホルミン=セントジョーンズワート・ローズヒップ・ローズ・ハイビスカス

 

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.