Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ペパーミント

ペパーミント

*学名・・・Mentha Piperitaann

*和名・・・セイヨウハッカ

*科名・・・シソ科

*種類・・・草本

*開花時期・・・初夏

*ハーブでの使用部位・・・葉

*主要成分・・・精油、フラボノイド、タンニン、フェノール酸

ペパーミント

*作用・・・賦活、鎮痙、鎮静、駆風、強肝、利胆、強壮、鎮痛、利尿、健胃、殺菌、収斂、殺菌、冷却

*香り、味・・・清涼感がありメントールのスーっとした味わい。少し苦味がある。

*注意点・・・メントールの刺激がある。幼児には使用しない。

*特徴・・・ミントは自然と交配するため、種類も多く600種以上とも言われています。

ティーに使われているのは、ペパーミントとスペアミントは主流です。

胃痛、胸焼け、吐き気など、消化器系の不調に適しています。

飲み過ぎ、食べ過ぎや脂っこいものを食べた後に飲むと、消化を助けてくれます。

メントールの清涼感は中枢神経を刺激して、眠気を覚ましたり、鼻づまりや、鼻水、咳、頭痛も

和らげます。

暑い時期のフレッシュでいただくハーブティーもおススメです。

新鮮な葉のグリーンがとてもきれいです。

 

*参考ブレンド*

花粉スッキリミント

ペパーミント・スペアミント・

エキナセア・ジンジャー

 

胃腸すっきり

ペパーミント・レモングラス・レモンバーム

レモンバーベナ・レモンピール

 

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.