Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

エキナセア

Field of echinacea flowers at sunrise

*学名・・・Echinacea angustifolia

*別名・・・パープルコーンフラワー、パープレア

*和名・・・ムラサキバレンギク、ホソババレンギク

*科名・・・キク科

*種類・・・草本

*開花時期・・・夏~秋

*ハーブでの使用部位・・・葉、根部

*主要成分・・・カフェ酸誘導体、多糖類、アルキルアミド、ポリアセチレン、配糖体、樹脂、ベタイン、イヌリン

 

エキナセア

*作用・・・抗ウイルス、抗菌、免疫賦活、抗炎症、消炎、発汗

*香り、味・・・かすかな甘みで、クセがない。

*注意点・・・キク科のアレルギーの人は注意。自己免疫疾患には注意。8週間以上続けての飲用はしない。

*特徴・・・免疫力を高めるハーブとして有名。風邪やインフルエンザなどの感染症に対しても働きかけます。

アレルギーを軽減するので、花粉症対策にシーズン前からの飲用がおすすめです。

古くから、虫刺されや傷の手当に使われてきて、「インディアンのハーブ」とも呼ばれます。

喉の痛みにも効果的ですので、チンキ剤の飲用やうがいもおススメです。

 

*参考ブレンド*

花粉症

エキナセア・ペパーミント・ジャーマンカモミール・エルダーフラワー

ジンジャー・ローズヒップ・レモンピール

 

ミント&花粉スッキリ

エキナセア・スペアミント・ペパーミント・・ジンジャー

 

免疫&血液

エキナセア・ジャーマンカモミール・アンジェリカルート・リンデンフラワー

 

風邪予防

エキナセア・セージ・ネトル・ペパーミント・ローズヒップ

 

 

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.