Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

昨日、竹井仁先生のセミナーへセラピスト仲間と繰り出しました。

筋膜に興味を持って、色々調べていくうちに辿り着いた竹井先生。

書籍もいくつか読ませて頂き、いつかお会いしたいと思っていたので、

とっても楽しみでした♪

書籍

今回のセミナーの内容は

「筋膜に対する徒手理学療法 Fascial Manipulation」

徒手理学療法の中での、筋・筋膜にアプローチを中心として、

評価と治療についての内容だったので、

ついていけないところもありましたが、

とても勉強になりました!

 

筋膜と一言でくくっていますが、いくつかに分類されます。

そのひとつひとつの役割はとても重要な要素!

きちんと理解するにはまだまだ勉強が必要ですが、

大きな一歩だと思います!

人間が生まれてから、発達の段階に影響する日常生活の色々な事。

生活習慣や姿勢などか生じるインバランス。

不調個所の一点ではなく、関連する筋・筋膜、動筋、拮抗筋のバランスを

見ることも大切!

あらためて色々な事を考えるきっかけになりました。

筋膜の分野にアロマセラピストってちょっと浮いてたかな(笑)

1人で参加していたら、名刺交換なんてきっと出来なかった・・・

今回は頼もしい2人の友人と一緒に3名で参加できて良かった!

サインまで頂いちゃいました^^

サイン

あやしい民間療法の「筋膜はがし」とか言われないように

正しい筋膜の知識を得たいな~~と思った一日でした♪

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.