Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

GWは良いお天気で行楽日和でしたね!

屋外で過ごす時間が長いと、日焼けが気になりますよね・・・

日差しが強くなるこれからの季節!

今日は、知っているようで意外と知らない、紫外線についてのお話です。

太陽からの光線は紫外線の他に、

オゾン層などに阻まれて地上まで到達しない、ガンマ線、X線

目に見える可視光線や、赤外線などがあります。

ガンマ線から、赤外線に向かって波長が長くなり、

波長が短いほど影響力が強くなっています。

 

紫外線はC波、B波、A波 と3種類あります。

C波はオゾン層を通過して地上まで届かないと言われていますが、

近年のオゾン層破壊で、地上まで届き、

皮膚がんや皮膚病などの要因になるのではないかと危ぶまれています。

 

現状では地上に届く紫外線は

紫外線A波=UVA

紫外線B波=UVB

の2種類です。

よく耳にする「UVA」「UVB」

その違いをご存じですか?

なんとなく知っていても、その違いを説明できないですよね~~

 

まずは、日差しが強くなる季節や、海や山での日焼けをイメージしていただくと分かりやすい、

UVB(紫外線B波)

肌を赤くする(サンバーバン)を引き起こすUVB

UVAよりエネルギーが強く、肌表面(表皮)に炎症を起こしたり

表皮の細胞を傷つけたりします。

メラニン色素の生成を促して、シミやそばかすの原因にもなります。

エネルギーは強いのですが、波長がUVAより短いので、

オゾン層や上空の雲に阻まれて、

地上へ到達するのは、紫外線全体の約5~10%です。

日傘や帽子、サングラス、衣類などで直射日光を避けることで、

ある程度防ぐことができます。

1年を通じて差が激しく4月から徐々に増え始め

5月~8月がピークで、10月~3月は比較的少なくなります。

春~秋までが特に注意が必要です。

 

そして、生活紫外線、光老化などに関連する、

UVA(紫外線A波)

ガラスを通してしまうので、室内や曇りの日でも、肌に影響を与えます。

UVBほどお肌に急激な変化は与えないのですが、

肌の奥(真皮)まで届いてしまうため、

たんぱく質(コラーゲン、エラスチンなど)の変性を引き起こし、

シワやたるみなどの原因になります。

UVBの20倍も地上に降り注ぐとも言われ、

紫外線全体の90~95%を占めています。

4月から8月がピークですが、それ以外の月もピーク時の

1/2 以上の量があるので、1年を通して注意が必要です。

 

 

お肌を守る役目のメラニン色素は

ターンオーバーで角質細胞と一緒にはがれおちてくれます。

しかし、長い間多量の紫外線を浴び続けると、

肌細胞がダメージを受けて、メラニン色素を作り続けてしまいます。

そしてメラニン色素の排泄が上手くいかず、

シミとなってお肌に留まってしまいます。

 

日差しが降り注ぐ季節だけでななく、

日ごろから紫外線に対しての適度なケアが大切ですね。

 

次回はSPFとPAについてです^^

SPFとPAについてはこちらです。https://aromayuika.net/archives/2206

 

 

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket