Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ハムストリングス  hamstring muscles

ハムストリングスと聞くとこんな映像を思い浮かべてしまいます^^

1securedownload
hamustringのhamはゲルマン語に由来し、「もも肉」を指します。stringは「ひも、すじ」

元々は大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋の腱を指していた。

古代、中世には、家畜の腱を切って、飼いやすくした。

また、古代の戦争では、捕虜が逃げないように、この腱を切断することもあった。

大腿の後方筋である「大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋」の総称。
元々は膝窩腱のこと。走る際、特に加速してダッシュする時に活躍するため、

「ランニング筋」とも呼ばれる。膝を伸ばして立って前屈し、

床に届かないのは、ハムストリングスの柔軟性に欠けているため。

肉離れとハムストリングス
肉離れは、自分の筋力によって起こる障害。筋組織が断裂や、筋膜が損傷する事による痛みや障害。

最も頻繁に生じる箇所はハムストリングスですが、次いで、大腿四頭筋、下腿の腓腹筋に発生する。

急激なダッシュやジャンプなどの際に生じる事が多い。
よく肉離れになる筋肉は2関節筋が多い。

2つの関節を同時に屈伸させる事によって特定の筋肉での急激な伸張が起こりやすいため。
原因として、筋力不足や、拮抗筋に対する筋力のアンバランス(大腿四頭筋とハムストリングの筋力差)、

ウォーミングアップの不足、筋の柔軟性の欠如などが考えられる。

ハムストリングスは長くて細い筋肉なため特に外側ハムストリングス(大腿二頭筋)に起きやすい。

肉離れは再発しやすいので、その部分の柔軟性を保つ事が大切で

ハムストリングスが硬いと骨盤が後傾してます。腰椎に負担がかかって腰痛になる可能性もあります。

半腱様筋は筋腹が上位側にある(坐骨に近い)ので、

3つのハムストリングスの中でも骨盤の後傾に影響が強いです。

半膜様筋の筋腹は下位にある(膝関節に近い)ので、

ストレッチをして膝がすぐに曲がってしまう人は、半膜様筋が硬い可能性あります。

securedownload

 

 

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.