Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

脳波 人間の脳波はデルタ波、シータ波、アルファ波、ベータ波の4つ、

ガンマ波をベータ波から分離すると5つの状態に分けられます。

脳の神経細胞から出る弱い周期性の電流のことで、脳波の速さはHz(ヘルツ)、振動数(秒)であらわします。

デルタ波(δ波)1Hz~3Hz 脳波が最も遅い状態で、無意識の状態です。

シータ波(Θ波)4Hz~7Hz 潜在意識の状態で、深い瞑想やまどろみの状態です。

アルファ波(α波)8Hz~13Hz リラックスした状態で瞑想時はアルファ波の状態です。

ベータ波(β波)14Hz~38Hz 最も脳波が早く、通常、日常生活している時はベータ波の状態です。

香りは脳にダイレクトに働きかけるので、アロマの香りが脳波へ影響することは証明されています。

香りは無くてもアロマトリートメントなどによるタッチングだけでもリラックスの状態になるので、

脳波はアルファ波になると思います。

ストレスを受けると人間の脳波はベータ波になります。

脳波がベータ波に変わると、筋肉が緊張し、心臓の鼓動も早くなります。

アロマテラピーやアロマトリートメントは脳波の状態をコントロールできる手段として有効だと思います。

私が今気になっているのはシータ波、海馬と関連していて記憶や学習に適していたり、

脳内革命、集中力など気になるワードがシータ波にはたくさん含まれています。

 

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.