Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ネズミsecuredownload (1)

英語の「muscle」(マッスル)はラテン語では小さなネズミを意味する

「musculus」から派生しています。

ギリシャ語のミュースは「ネズミ」の意味で、

ラテン語はギリシャ語からの借入語musに指小辞-culusをつけて「小ネズミ」としました。

なぜネズミかという理由にはいくつかの説があるそうです。

一つは、筋肉の動きが(例えば、上腕二頭筋が屈伸するときに力こぶが動くさまが)

皮膚の下に小ネズミが動いていることを連想させる。

もう一つはネズミの皮を丸はがした状態が筋肉に似ている。

日本語は中国の漢字に由来していて、筋という感じは、竹と肉(月)と力を合わせた会意文字。

「筋」とは、肉の中を通る、竹のように力のあるすじのこと。

言葉の意味や語源って面白いですね。 筋肉を見ると小ネズミを連想しちゃいそうです^^

 

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.