Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

securedownload

血圧とは血管内の血液の有する圧力。一般に動脈の血圧のことです。

心臓の収縮期=最高血圧

心臓の拡張期=最低血圧

現在の理想的な数値は家庭で計測の場合130mmHG/85mmHG未満とされています。

140mmHG以上は高血圧症とされ脳血管障害、心臓病、腎臓病などの病気が潜んでいる可能性もあります。

人の血圧はさまざまな影響を受けて変動します。

体位・体格・性別・時刻・摂食・運動・入浴・アルコール・喫煙・薬剤・気温・心理的要素・恐怖感情・性行為・電解質・・・

男女問わず加齢によって上昇するのは良く知られていますよね。

私自身は若いころは血圧が低めでしたが、最近はやや高くなっているような気もします。

女性ホルモンのエストロゲンが減少し、

ホルモンバランスが乱れることが原因で起こる更年期の症状(めまい、動悸、ほてり、頭痛、イライラなど)

更年期高血圧症はエストロゲンの減少にともない、

血圧をコントロールしている自律神経の働きが乱れることが影響を与えていると考えられています。

 

母は後期高齢者で最近血圧が安定しなくて体調が悪いです。

医者で診察し血圧を下げる薬を服用していても、上がったり下がったり、変動が激しいようです。

「高かったら怖い・・・ いやだな~・・・」などの心理的な不安要素も原因ではないかと思います。

いまのところ何か問題のある病気だと診断は受けていないのですが、

胸が痛くなるとか、ふくらはぎが痛いとか・・・

血圧が安定しない原因が分からないので、ちょっとした不調も血圧が高いことが原因による、

何らかの病気の兆候ではないのかと考えてしまうようです。

年齢を重ねることで色々な体の変化が起こります。

あたりまえの事なのですが、その体の変化に気持(心)が対応できないと

ストレスや不安感が増してしまうのではないでしょうか。

自分の体の変化に注意し健康に気をつけることも大事ですが、あまり神経質になるのも良くないのかと・・・

セラピストになって、体や心について考えたり勉強した事が、

自分自身や家族、周囲の人たちの支えになれたら良いな~と思います。

心と体ってシーソーのようですね。

お互いに上手くバランスを取って健康な状態が保てている。どっちも大事!

 

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.