Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ガチョウアヒル

鵞足 Pes anserinus(ペス アンセリナス)

ラテン語のANSER(アンセール)鵞鳥(ガチョウ)に由来する。

縫工筋・薄筋・半腱様筋の3つの筋腱の停止部で脛骨粗面の内側に付着し、

ガチョウの足のような形から由来しています。

陸上競技やサッカー選手やランナーに多く発生する膝の内側の痛みを

Pes anserinus bursitis(ペスアンセリナス バーサイティス)「鵞足骨液包炎・鵞足炎」といい、

機械的ストレスによる使いすぎ(オーバーユース)症候群とされています。

ところでガチョウとアヒルの違いってご存知ですか?

ガチョウは野生の雁(ガン)を家禽(かきん)したもので首と足が長く、嘴の上のほうにコブがあります。

アヒルは野生の渡り鳥(鴨)を家禽したもので首と足が短く寸胴なかんじで嘴はガチョウより扁平です。

白いガチョウとアヒルは一見似ているようですが、実物を比べてみると大きさや特徴も違います。

コブハクチョウはカモ科ですが、嘴の付け根の額のあたりにコブがありますね!?

 

 

 

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.