Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

年をとるに従ってにカラダや心など色々な機能が衰えていきます。

特に高齢者のそれは実際に年を取ってみないと、その不安や辛さは分からないものなのかもしれません。

とくに血管の老化は全身の衰えに深い関係があります。

食生活に気を付け、適度な運動などの生活習慣に注意しても、

やはり年齢が高くなるとある程度の血圧の上昇は避けられないような気もします。

高血圧が動脈硬化を引き起こし、脳や心臓の血管障害を引き起こす原因にもなるので、

血圧をコントロールする薬を処方されますが、その薬が別の不調を引き起こす事もあります。

動悸、息切れ、めまい、手足のしびれ、など・・・

薬による副作用、特に何種類もの薬を服用している場合は余計に注意が必要です。症状を改善するための薬でもカラダにとっては異物です。

生命に関わったり、重大な病気に繋がるような症状の場合は、もちろん治療や薬の服用が必要です。

でも出来るだけ薬に頼らずに過ごしたいものですね。

 

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.