Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

「冷えは万病の元」と言われています

カラダが冷えると血流が悪くなります

血流が悪くなると、リンパの流れも滞り、カラダの老廃物や疲労物質なども溜まりやすくなり、

むくみやコリの原因にもなってしまいます。

肩こりは血流が悪くなることでおこりますので、温めるととても良いです。

筋膜も温めると緩みます。

コラーゲンとエラスチンが成分なのでゼラチンのように熱が加わると柔らかくなります。

筋膜の成分は⇒こちら

筋肉量が少ない=代謝が悪い=発熱量が少ない=体温が低い=冷え性

冷えを改善するには筋肉量を増やす事が大切です。 とは言っても・・・

忙しい⇒時間が無い⇒面倒⇒動かない⇒筋肉量が減る⇒冷える⇒不調

気が付かないうちに自分自身で不調の連鎖を作り出していませんか。

歩くことと温めることを、ちょっとでもいいので意識して始めてみましょう(^^♪

ちょっとでもカラダが変化してきたら続けてくださいね!

すぐに変化がでなくても続けてください!

続けることが大切です!

 

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.