Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

最近はカフェなどでも手軽にハーブティーが飲めるようになりましたね^^

ティーパックも手軽でいいですが、

紅茶や緑茶と同じようにリーフからハーブティー淹れて飲んでみませんか。

あらかじめブレンドされてしまっているものは、

ハーブの味と香りが分かりずらくなってしまいます。

まずは飲みやすいシングルハーブを2~3種類手購入して

ブレンドせずに1種類だけ淹れて飲んで見ることをお勧めします♪

ジャーマンカモミール、エルダーフラワーなどは味と香りもクセが無く比較的飲みやすいですよ。

~ドライハーブの入れ方~

1.ポットやカップにお湯をそそぎあらかじめ器を温めておくといいです。

(ポットはガラス製のものが、色の変化も楽しめて良いですね。

カップもガラスや内側が白い陶磁器製が向いています。)

2.ハーブの量はカップ1杯分(180~200CC)に対してティースプーン山盛り1杯が目安です。

3.お湯の温度は96℃~98℃が適しています。

4.抽出時間は種類によって異なります。

ジャーマンカモミール、エルダーフラワーは2~3分です。

長く時間を置くと、抽出された成分が逆に戻ってしまい味が損なわれます。

(抽出中はポットの蓋をきちんと閉めて成分を閉じ込めましょう。)

5.ポットに茶漉しがついていないタイプの場合、目の細かい茶漉しを使ってカップに注ぎ入れます。

最初は味がぼんやりしているかな~と感じるかもしれません・・・

少し薄いのかな~っと思うくらいがハーブ本来の香りと味が楽しめます(^^♪

飲みにくさを感じたら、はちみつやコーディアルなどを加えても美味しいですよ♡

美と健康をもたらすハーブティーを上手に生活に取り入れて、

ゆっくりとしたカラダやココロの変化を楽しんでください。

注意***アレルギーや薬との併用、妊娠中などは注意が必要なハーブがあります。

ハーブプロフィールを参考に確認してくださいね。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.