Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

長年カラダの硬さで悩まされています・・・

中学生時代の3年間で20cm身長が伸びたせい(おかげ?)で

関節か靭帯の何処かに問題があるのではないかと思わせるほどの

カラダの硬さ・・・もともと柔軟性が高いわけではなかったですが。

 

IMG_1928IMG_1932

 

指先が床についた記憶はありません・・・

長座で座るのも一苦労・・・

立位体前屈が硬い原因は

1.ハムストリングスが硬い

2.腰部が硬い

3.僧帽筋上部が硬い

カラダを動かして評価したときにどこに原因があるかがわかるそうです。

パーソナルトレーナー磯崎氏から教えて頂きました。

私の場合、1.2が該当しているようです。

そこで、セルフ筋膜リリース!

まずは、ハムストリングスを座骨結節までコロコロと。

画像はランブルローラーという突起がついているものですが、

始めはタイガーテールで!

筋膜リリースについての記事はこちら

securedownload (3)

腰部はストレッチポールやプレーンタイプでコロコロと。

このときの注意事項は腰を反らしてはいけません!

余計に腰を痛めてしまいます。

背中を少し丸めて行ってください。

わりと腹筋を使います。^^

腰痛になりやすい人はハムストリングスが硬かったり、

腹筋が弱い人が多いです。

私もそのひとりです(笑)

腹筋も強化できる腰部の筋膜リリースで、立位体前屈で床に指が届く日も近い!?かも

 

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.